暮らし

週末の家事の時間を減らしたい人は、掃除機をかけるタイミングを見直そう。

こんにちは、いちぽーろです。

平日時間に追われる働く女性にとって休日はとても貴重な時間です。


休日は自分の好きなことを思う存分やりたい!買い物行って、ヨガ行って♪…考えるだけでウキウキします。

タチアナ

だけど掃除は休日しかできないからやらないと。

家事やってると日曜日あっという間に終わっちゃう。

家事を一度に全部やると、1日潰れてしまいます。

この休日の家事問題を解決するためには、休日にやる家事を極力減らすことです。

今回は休日の家事を減らすために、私がやっている掃除機のかけかたについて紹介します。

この記事がオススメな人

家事が苦手な人

休みを家事で終わらせたくない人

掃除機をかけるのって本当に面倒で疲れる。

突然ですが、あなたが1週間に掃除機をかける時間や回数はどのくらいですか?
みなさん大体土曜日や日曜日に掃除機を一気にかける方多いと思います。

掃除機を持って、寝室、リビング、ダイニング、キッチンを一つ一つ掃除機と共に移動する。

たまに散らかってる物を片付けるために屈んだり。

物を移動させたり。

掃除機をかけるのは、軽い有酸素運動と、軽いスクワットを合わせた肉体労働です。

私は掃除機をかけるのが苦手で、
とにかく物を動かすことが面倒でしょうがなかったです

なんとかこの苦痛から逃れたい!と思い、自分に合った掃除機のかけかたや、掃除のタイミングを見つけました。

掃除機は週2〜3回に分けてかける

掃除機を1週間に1度、一気に全ての部屋をかけるのはめちゃくちゃ大変です!!

そして全部やると時間がかかる!

ものを動かしたりもするので、非常に疲れます!

私はかける回数を増やして、一気にかけるのはやめました。

週に2〜3回かけることにして、ちょっとずつ掃除します。
すぐ終わるので疲れないですよ!屈む回数も減ります!

具体的にいつ掃除機をかけるか決める

具体的に掃除機をかける曜日やタイミングを決めると、忘れずに掃除することができるようになります。
私は水曜と日曜に掃除しています。

平日は帰ってきたら、一度も座らずに荷物を置いたらすぐ掃除機をかけます。

帰宅後すぐに掃除機をかけるのは、その後ご飯の支度や洗濯など色々あるので、さっさと終わらせなきゃとも思うので効率が良いですよ♪

『今日はこの部屋だけを掃除しよう』と限定して掃除します。日曜日は違う場所を掃除します。

週2回か3回に分けて掃除機をかけよう!

オススメハンディ掃除機!目に見えるところに置く

掃除機はしまってあると、出す作業から始まるので時間もかかるし、
あー面倒だなっ!やっぱやるのは今度にしよ♪
と思ってしまいます。

できるだけ、目に見えるところに置き、掃除機かけよっかな〜と思う気分の時はすぐ掃除できる状態にします。

私は帰ってきたらすぐ掃除できるように、玄関に立てかけてあります♪
帰ってきたらすぐ目に入るので、こんな掃除嫌いな私でも、掃除できてます♪

絶対ハンディ掃除機がオススメ!

ハンディ掃除機というとダイソンを思い浮かべる方多いと思いますが、もう少しお手頃な掃除機が欲しい方にこちらオススメですよ♪

ハイコーキです!何しろ軽い!とコメントしてる方が多いです!
さっと出せて便利!のレビューもあり高評価です!

掃除機がけが好きになりました!
コードレス、充電器外付け、紙パック不要で最高です。

Amazonレビューより

ダイソンほどではないけど吸引力も満足できますし、なにより軽いため手軽に掃除できるのがいいです。 

Amazonレビューより

ハンディ掃除機は、
すぐ取れる場所に置こう。

部屋にあるものを少なくする

とにかく物がある部屋は、掃除機をかけるのが大変です。物をこっちに動かしたり、あっちに動かしたり。これだけで疲れます…
なるべく部屋の物は少なめにしましょう。

もし部屋が散らかっていたら、掃除機をかける前に、カゴなどを用意し散らかってるものを入れましょう。
それから掃除機をかけます。

掃除機をかける部屋を決めておけば、散らかってるものをカゴにまとめる作業も
そんなに億劫ではないです。

物は少なくしよう。片付ける前に散らかってる物は全てカゴに入れてから掃除機をかけよう。

まとめ 休日を有効活用したいなら、掃除は一気にしない

休日にやる家事を減らすための、掃除機のかけかたを紹介しました。

今回のまとめはこちら

今回のまとめ
  1. 掃除機は週2〜3回こまめにかけよう
  2. ハンディ掃除機を目に見えるところに置こう。
  3. 部屋にあるものはなるべく少なくする。
  4. 掃除しやすい環境を作ろう

簡単で、明日からでもできる方法です。
休日は何よりも大切な時間です。家事に追われるのではなく、平日忙しく働いてる自分を労る時間にしてください♪

いちぽーろ

今日も最後まで見ていただき、ありがとうございました!